コースについての約束事

コースについての約束事2015-06-30T14:40:04+00:00

生徒の権利と責任

 権利 — バイロンヨガセンターでは、生徒に下記の権利があることを認めます。

  •  ハラスメントや差別のない環境にてトレーニングを受ける権利があります。
  •  常に尊敬と威厳そして平等に扱われる権利があります。
  • 個人的なことは、秘匿扱いにできます。
  •  経験を積んだ有能な講師によりトレーニングやアセスメントを受ける権利があります。
  •  認定試験の結果に不服な場合は、それについて申し立てができます。最初の認定試験で不合格だった場合、再度認定試験を受けることができます。

責任 — 生徒はコースを受けるにあたって、下記の責任があります。

  • バイロンヨガセンターのポリシーを理解し、それに基づいて行動することが求められます。
  •  バイロンヨガセンターのポリシーや行動規範など不明な場合は、理解できるように説明を求める責任があります。
  •  全ての授業には、遅れずに参加しプロフェッショナルとして社会人としてのマナーを守りましょう。
  • 他の生徒、バイロンヨガセンターの従業員、他の人の権利を尊重しましょう。
  • コース中に得た他の人の個人的な情報は秘匿扱いにしましょう。
  • トレーニングで出される課題には、できる限りの努力をして望みましょう。そして学びの機会を最大限に活かしましょう。
  • アサナ練習、瞑想、呼吸法練習をジャーナルに記録しましょう。

バイロンヨガセンターのポリシー・指針

<前置き> バイロンヨガセンターの講師陣は、生徒との関係において倫理的な行動をとることがヨガの実践、ヨガを教えるに当たって重要なことだと理解しています。生徒が身体面、精神面、スピリチュアル面での成長ができる安全で安心な環境を整えることが講師の責任だと考えます。

バイロンヨガセンターのポリシーは、我々の倫理的でプロフェッショナルな行動規範の重要な指針となるものです。この行動規範は、Patanjali(パタンジャリ)の『ヨガスートラ』内のヤマとニヤマに符合しています。例えば、アヒムサは心配り、サティアは真実を語り、アスティアは正直に行動する、ブラマチャリアは性的な行動において思慮深く配慮する等です。

<行動規範>バイロンヨガセンターのヨガ講師として下記行動規範をプロフェッショナルな基準として遵守します。

  1. 全ての生徒を人種、性別、性的指向、信仰、国籍等により差別することなく、尊重しフレンドリーなマナーで対応し、プロフェッショナルな手助けを拒むことはありません。
  2.  ヨガにおける効果について現実的に述べます 。ヨガの知識・スキルについて生徒をサポートする際、生徒へのベネフィットを考え責任をもった判断をします。
  3.  リハビリ的もしくはセラピー的な指導は、我々の能力の現実的な限界内においてのみ行われます。
  4.  我々のプロフェッショナルな資格について不正確に述べることはありません。正確に威厳を持って我々のサービスをプロモーションします。
  5. 生徒また他の人に対して常にプロフェッショナルな関係を保ちます。
  6. 生徒に対するいかなる形態の性的な行動もしくはハラスメントは非倫理的だと考えます。生徒をアシストする際は、適切な方法によってのみ接します。
  7. 公的、私的な経済的、物質的、感情的そしてスピリチュアルな全ての相互交流は誠実さを持って行われます。
  8. 全ての生徒の権利、威厳、プライバシーは尊重され生徒からの全てのコミュニケーションはプロフェッショナルに取り扱われます。

コースについての約束事

支払いについて:

お申し込みの際にAUD$600のディポジットをお願いしております。万が一コースへの受け入れができない場合には、全額返金となります。

残金のお支払いは、コース開始日の6週間前までにお願いします。残金お支払いのご連絡をメールにてさせて頂きます。

ウェイティングリストルール:

コースが定員に達した場合には、AUD$600のディポジットをお支払い頂くことでウェイティングリストにお名前をお載せすることが可能です。空きが出なかった場合には、ディポジットは全額返金となります。

キャンセルポリシー:

万が一お申し込みが受け入れられなかった場合には、1〜2週間の間にメールにてご連絡します。お支払い頂いたディポジットは全額返金となります。

コース費残額が定められた期日(コース開始日6週間前)までにお支払い頂けなかった場合には、ウェイティングリストに載っている他の方に席をお譲りする場合があります。その場合お支払い頂いたディポジットはご返金できかねます。

コースお申し込みを取り消した場合、以下の返金方針が適用されます。

a) 申込者がコースお申し込み取り消しをコース開始日45日以前に行った場合には、お支払い頂いたディポジットからAUD$200事務手数料を差し引いた金額が返金されます。
b) 申込者がコースお申し込み取り消しをコース開始日30日から44日以前に行った場合には、お支払い頂いたディポジットの75%からAUD$200の事務手数料を差し引いた金額が返金されます。
c) 申込者がコースお申し込み取り消しをコース開始日14日から29日以前に行った場合には、お支払い頂いたディポジットの50%からAUD$200事務手数料を差し引いた金額が返金されます。
d) 申込者がコースお申し込み取り消しをコース開始日1日から13日以前に行った場合、またはコース開始後に途中キャンセルされる場合にはお支払い頂いた金額はご返金できません。

コース変更ポリシー:

既にお申し込みを完了したコースもしくは既に開始したコースを事情により変更しなければならない状況になった場合は、書面にて変更願いを提出していただきます。キャンセルするコースが他の申込者により埋まり、変更できる場合には$200の事務手数料にて変更が可能です。変更の際にコース費全額支払いが完了している場合には、変更費は請求されません。この変更は一度のみ可能です(それ以降は通常のキャンセル返金方針が適用となりますが、事情により考慮する場合もあります)。

もしキャンセルしたコースが埋まらない場合、もしくは既にコースが開始されていた場合、通常の返金方針が適用となります。事情が考慮され変更後のコース費が最大50%割引になる場合もあります。

再試験ポリシー:

最終試験にて不合格の結果となった場合、もしくは最終試験を受けられなかった場合、再試験を行うにあたってAUD$120をご請求させて頂きます。

海外からの受講生へ:

海外からオーストラリアへ来られる際には、VISAや他の条件を整えて来られるようにお願いします。これらは受講生の責任となりますので、よろしくお願い致します。

ほとんどの国で条件となっていますが、パスポートの残存期限が帰国予定日から6ヶ月以上あるかご確認ください。

バイロンヨガセンターでは、旅程中全ての行程をカバーする海外旅行保険への加入を強くお勧めします。申し訳ありませんが、保険でのカバーがない場合はこちらでも責任を負いかねます。

書類、写真等の利用について:

ホームワークやフィードバック等で書かれた文章をバイロンヨガセンターのマーケティング目的で利用させて頂く場合があります。ティーチャートレーニングやヨガクラス、またはリトリート中に撮られた写真もマーケティング目的で利用させて頂く場合があります。

もしこれらのものを使われたくない場合には、バイロンヨガセンターに書面にてご連絡頂きますようお願い致します。

環境配慮ポリシー:

バイロンヨガセンターでは、カーボンフットプリントの削減に努めています。コース中印刷物を使いますが、ウェブベースの書類も利用する等 できるだけ削減するようにしています。ご協力お願い致します。

あなたや私たちの住む地球への配慮に感謝します。